世界規模の公害と健康問題を大調査

四大公害病のことや公害の企業の事情などや被害者の健康やの高齢化、や国境を越えた環境破壊などを書いてみました。

世界規模の公害と健康問題を大調査

国内だけではない公害と健康の問題

公害では今までの健康被害から、四大公害病というのがあり原因は水銀などで水俣病、新潟水俣病、イタイイタイ病、四日市ぜん息などがあげられていました。
それぞれその当時のニュース等を見ると酷いものですが、公害の怖さを魅せつけられました。
他にもたくさんありますが、問題はそれが表面化するまでわからない、見えないということでしょう。たぶんいちばん先に気がついているのがその公害の元になる企業で、その内容を隠しながら、操業を続けたり、可能性としてあるかもしれないという楽観的な考えから、最悪の事態になってしまったということになった場合もあると思います。
被害者の方はその立証をしないとなりませんし、ますます時間がかかり、企業の方は必死でその対抗する方向で対策を練りますから、ますます時間がかかります。

そうこうしているうちに、被害者は高齢化し病気も悪化し、亡くなる人も出てきて、最後にはどちらも疲弊しながら終結を見ますが、それらの期間を見ると数十年かかっています。
どうかしていると思いますが、それが現実の姿でした。
しかし最近はそれらの経験も見てきたからでしょうから、だいぶ早い解決に持って行っているように思います。
また問題が起こっても早めの商品の回収や善後策を実行しているのも見ますので、日本においては良い方向に向かっているのではないかと思います。
しかし最近は隣国などの大気汚染などのほうが心配になってきていますね。海や空はつながっていますから、やはり世界的な管理が必要なのだと思います。

健康や健康・医療に関するサイトをご紹介

Copyright 2018 世界規模の公害と健康問題を大調査 All Rights Reserved.