世界規模の公害と健康問題を大調査

公害による健康被害に、大気汚染に関するものがあります。高度経済成長時代に、工場地帯で起きました。

世界規模の公害と健康問題を大調査

公害による健康被害としては大気汚染によるもの

日本は工業国になります。
資源が少ないため、農業が盛んでしたが、産業の発展にともなって、工業に力を入れるようになってきました。
関東地方から、中部地方、近畿地方を通って九州まで工業地域が広がっています。
向上においては、エネルギーが必要になります。
鉄を製造するためには鉄鉱石を溶かして、その中から純粋な鉄を取り出すことになります。
その他の工業においても、エネルギーを使っては、煙などをどんどん排出していました。

焚き火などをしても、煙はどんどん空に上がって消えていきます。
工場の管理者もそのように思っていたのかもしれません。
しかし、問題が出てくることになります。
周辺地域において、昼間に前方が見えないくらいスモッグがかかったりすることがありました。
ただの煙であれば良いですが、それらを吸い込むことによって、呼吸の健康に対して影響が出ることが多くなってきます。
国としても工業化は進めたいですが、それらの問題も無視できなくなります。

工場などが出す煙において、それを原因として災害が起きる場合に、公害と呼ばれることになります。
主に、高度経済成長時代において、工場地帯周辺を中心に起きることになります。
現在においては、煙を排出するときに、無害化するような装置の義務付けなどが行われているので、かなり被害は減っています。
しかし、かつての被害者はまだおられますから、その人達への補償をしていかなければならないです。

にほん以外でも問題になっています。

健康や健康・医療に関するサイトをご紹介

Copyright 2018 世界規模の公害と健康問題を大調査 All Rights Reserved.