世界規模の公害と健康問題を大調査

健康を害することになる公害においては、水質汚染に関するものがあります。汚染された魚などを食べて起こります。

世界規模の公害と健康問題を大調査

健康を害する公害には水質汚染に関するもの

日本は水が豊富な国とされています。
そのこともあってか、蛇口からはきれいな水を得ることができます。
日本人が、海外において水を飲むとお腹を壊すと言いますが、それだけ普段からきれいな水を使っていることになるでしょう。その水はどこから供給されるかですが、自然からになります。
湖であったり、川などの水を利用して、人が利用しても問題ないように浄化をして、配水されることになります。
全国にそのような施設が設置されています。

川や湖の水を使うなら、それらの水はきれいでないといけないでしょう。
しかし、自然のものでも、汚せば汚れてしまいます。
工場などで使った水を排水することがありますが、それによって汚れることがあります。
家庭用の洗剤や油を流すことによっても汚れることになります。
それをきれいにしようとすると、かなりの浄化設備が必要になります。
さらに日本は、海に囲まれているので、魚介類を食べます。
その魚介類が汚染されることがあります。

汚染された魚介類を食べたり、水を飲めば、健康に対して悪い影響ができます。
その影響となっているのが公害になります。
工場で、製品を作る過程で出された化学物質などが、そのまま垂れ流しになる事がありました。
海に落ちていた魚を食べた猫が暴れだしてその影響がわかるようになったと聞いたこともあります。
排水に関しては、企業独自に一定の浄化を行った上で、適切な状態で排水をしなければいけないようになっています。

健康や健康・医療に関するサイトをご紹介

Copyright 2018 世界規模の公害と健康問題を大調査 All Rights Reserved.